<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | 再インストール >>

MacOSX 起動時のカチカチ音と?マーク



私と同じように起動時のカチカチ音で悩んでる方のお役に立てればと思い書いときます。
個人的解釈なので間違ってたら許してちょ。
(私はグラフィックデザイナー12年目、Macとのおつき合いは14年目です。かといってMacの事はそんなに分かりませんが、ド素人という程ではございませんよ〜)



【症状(以下のいづれか)】
1. 起動の時「?」と書かれたマークが出現して起動しない。
2. 起動の時「カチカチ・・・カチカチカチ・・・」と嫌〜な音がするけどちゃんと起動する。
3. 起動の時「カチカチ・・・カチカチカチ・・・」と嫌〜な音がして辛抱強く待つと「?」と書かれたマークが出現し起動しない。
4. 起動の時「カチカチ・・・カチカチカチ・・・」と嫌〜な音がして画面も出ないし起動しない。

【1の対処法】
起動ディスクを再選択するだけで修復する可能性が大きいです。インストールCDから起動して(Cキーを押したまま起動)FirstAidでHDの検証をした後に、問題があれば修復し、「起動ディスク」からHDを再選択して再起動してみて下さい。→数回繰り返しても改善しない場合は【2〜4の対処法】へ。

【2〜4の対処法】
HDの寿命らしいです。私もショックだったけど、HDは2年もてば大往生という話もあるし、最近のパソコンは昔のに比べて弱くなりましたよ、ほんと。
でもデータのバックアップをとってなかった!!って事もあるかと思いますので、まずはその救出をするためにどうにか最後の力を出して頑張ってもらいましょう。

手順1. Macに接続してあるケーブル(キーボードとマウスを除く)全てを外し、再起動してみる。→カチカチ音がなってるので修復確率が低いけど、やるだけやりましょう。

手順2. 手順1の状態に加えて、Macの電源(コンセント)を抜いて30秒程度おいてからコンセントを入れて再起動してみる。→これも修復確率が低いけど、やるだけやりましょう。

手順3. インストールCDから起動して(Cキーを押したまま起動)、FirstAidでHDの検証をした後に「起動ディスク」からHDを再選択し再起動してみる。→これで再起動できればまだ初期症状、早めにバックアップをとって修理に出しましょう。再選択してもダメな場合(またはHDが見えない場合)は手順4へ。

手順4. PRAMのリセット。起動時にコマンンド・オプション・Pキー・Rキーの4つを同時に押し続け、起動音を2回聞いてから手をはなす。PRAMをリセットするとシステムの基本的な設定が初期状態に戻るので、それは覚悟して下さい。→症状2の人はカチカチ音も(一時的に?)なくなる確率あり。

手順5. インストールCDを入れてDキーを押したまま再起動。ハードウェアテストをしてみて下さい。問題があれば問題が検出されるので修復してCDから再起動(Cキーを押して起動)、問題ないという結論が出たらそのままCDから再起動(Cキーを押して起動)してみて下さい。これで起動ディスクの再選択が出来れば、再選択をして再起動。



手順6. 手順1〜5を繰り返して、それでもダメならあとはしーらない。完全にHDの危篤状態、もしくは既に・・・という感じ。



↑私の場合、シフトキー押しながら起動したり(FirstAidでの修復)、オプション押しながら起動したり(起動ディスク選択)、あれやこれやとやってるうちに、カーネルパニックになり、私もパニックになりました。HD完全クラッシュ。
(普通に動いてる状態でカーネルパニックになったなら再起動でどうにかなるよ。)
私のMacの場合は上記操作をしてるうちに、HDが熱を持つせいか(ここまでやって熱の問題、でも熱問題は本当にあるらしい)熱くなるとどうにか起動しました。ので、そのままシステム終了しないで早1週間です。
再起動を【手順2〜5】の方法で数十回やってるうちに突然動く可能性は結構あるので、諦めずに何度もトライしましょう。

【注意】
せっかく立ち上がったMacはシステム終了せずにバックアップ作業が終わるまでつけといた方がベスト。
スリープ設定をしている人はHDが眠らないように設定しなおして下さい。電源入れといてもスリープ設定でHDが眠ってしまうと、いくら電源がついててもまた再起動しなくてはならなくなりますよ〜。(スリープからフリーズして起きなくなる。)
ちなみにOSの上書き再インストールという方法は意味ないかもよ〜。
バックアップをとったら、修理に出す前にOSの初期化はやってみてもいいと思うけど、結局意味ないよ〜。

で、教訓は今度からタイムマシン使ってバックアップとるようにしときましょう〜。
ちなみにHDの修理(交換)は7万円ちょい。購入店の保証があればいいけど、それがなければAppleは1年しか保証してくれない。「何十万のモノなのに保証期間1年て。付属品じゃあるまいし、短けぇ〜。」と叫ぶ私。

修理代7万払うくらいなら、買っちゃうのも手よね。

APPLE Mac mini 2.4GHz 2GB 320GB MC270J/A


追記:このページのアクセス数がとても多いのにビックリ!私の体験が少しでも参考になってれば幸いです。良かったらコメント残してくれたり、トラバってくれると嬉しいです!


- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

全く同じ症状で大慌てしてるときにネットで見つけて大変参考になりました 頼みの綱であれこれ試してみました ほんとうにありがとうございました 結果は最悪の路線をたどりつつあり、結局明日修理にだします。多分中身が消えた状態でもどると予想していて大変いたいですが思い残すことなくあれこれやれてあきらめがついてよかったです  勉強になりました
akemi | 2014/10/15 7:26 AM
akemiさん

コメントありがとうございます。
この方法が正しいかどうか分からないのですが、お役に立てたなら良かったです。
現在は冷却ファンを増設したりしてガンガンに冷やすと良いと言われているようですが、私の場合は熱を持った方が良い気がしています。(昔のMacは実際に熱を持つと銅線がどうたら・・・で、動くらしいです)
doga | 2014/10/22 4:45 PM
DOGAで承認してから掲載します。掲載不要の方はお知らせ下さい。









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック