<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 友人たち | main | 10周年 >>

シチューが食べたい

書いていいのか悪いのか私には判断できないので書きます。
(いけない事なら削除しますのでどなたかお知らせ下さい。)

昨日、お客様とのお打ち合わせを終え、帰りにコンビニで一服しようと灰皿に向かった時のこと。
見たからに若いカップル(おそらく中学3年〜高校1年くらい)がいました。
女の子はかき氷を食べてて、男の子はタバコ吸ってました。
(法律は一旦横に置いといて下さい)

そこにトコトコ歩いて行って私もタバコを吸いました。
するとこんな会話が聞こえました。

女子「今日の夜どうしますか?」
男子「ん〜、白菜なかったっけ?」
女子「あぁ、白菜で何にします?」
男子「ん〜、シチュー」
女子「あぁ、シチュー。でもシチューじゃご飯食べれなくないですか」
男子「いや、なんとかすりゃ食える」

いやいやいやいや。
私は「話聞いてませんよ〜」的な顔しながら、頭の中はフル回転。
(私の心の声↓)
「えっ、このクソ暑い時にシチュー?いやいや、そういう問題じゃない、この若いカップル同棲してるの?まさかね?っていうか女の子は何で敬語?カップルじゃないの?先輩後輩?でも夕食は一緒に作って食べるの?え、なんで?っていうか確かにシチューも食べたい気もする・・・」

頭をフル回転させても自分の中でしっくりくる答えが見つからず、私が悶々としている間に、その男子はタバコを吸い終え、その二人は手をつないで歩いていなくなってしまいました。

「あぁ、やっぱりカップルなのは確定だ」

一つの手がかりを元に、帰宅までの道中約1時間車内で考えましたが解決できず。
家について風呂に入りながらまた考えた。

そういえばあそこの近くは県外から来ている子が多い高校がある。そういやあの男の子は標準語だった。なるほど、県外から来て一人暮らしをしているんだ。
女の子は敬語を使っていたからきっと後輩だ。
今は夏休みだから私服なんだ、あの女の子は彼の家に泊まっているんだ、そして今晩はシチューを食べたんだ、そうだ、これで全て繋がった、そうに違いない。

風呂でやっと解決しました。
妄想遊び、なかなか楽しかったです。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

DOGAで承認してから掲載します。掲載不要の方はお知らせ下さい。









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック